経理業務の効率化とペーパーレス化を促進 
     1998年に制定された「電子帳簿保存法」により、国税関係帳簿書類の電
     子データによる保存が認められました。
     この電子帳簿システムは、TREEで印刷される得意先元帳、仕入先元
     帳、請求書(控え)、検収書(控え)などを電子帳簿保存法に則り、TR
     EEデータベースの中に電子データとして適切に法定期間、保存管理し
      ます。
     電子保存された書類(電子データ)は、必要に応じてリアルタイムに照
     会・印刷ができ、ペーパーレスによるコスト削減を実現します。また、
      取引先からの急な問い合わせへの対応や、税務調査の対応など、
      効率よく経理業務の生産性を高めることができます。
 
    保存コスト削減  
    TREE/電子帳簿の導入で3つの保存コストを削減します。 
      @ 帳票の仕分け、ファイリング、移動の作業時間を減少します。
      A 帳票を保管するための倉庫スペースが減少します。 
      B 用紙代、トナー代などの事務用品コストが削減できます。 
    検索・参照性の向上   
    仕事の中で帳票を探したり、調べることに時間をかけていませんか?  
    電子帳簿の導入でそうした時間は大きく改善されます。  
    また電子帳簿保存法に対応。必要なキーによってデータを検索、抽出して  
    データの確認ができる機能を備えています。  
    セキュリティ対策      
    セキュリティ対応した電子帳簿で、紙による保存の場合に考えられる紛失、  
    戻し忘れ、破損、汚れ、盗難といった人災を最小化します。  
    また、電子化されたデータをバックアップすることで複数箇所での保管が可  
    能となります。  
    災害対策     
    火事、水漏れ、地震などの災害時、紙による保管では大切な帳票がなくなる  
    危険性があります。  
    電子帳簿は、万が一の事態に備えて、安全で確実な災害対策のツールにな  
    ります。  
   
Copyright (C) TAKAGI SYSTEM All Rights Reserved.